fbpx

こんにちは、ベクトル台湾です!台湾現地発信ならではの台湾マーケットの最新情報をお届けします。多くの台湾企業がSNS上でトレンド話題に便乗している台湾学科能力試験(日本のセンター試験と同様)の作文テーマ「もし私に新しい冷蔵庫があったら」や、バズってるYouTubeチャンネル動画「PUI PUIモルカー」(天竺鼠車車)、伝統企業「大亞電線電纜」のCM事例、コロナ禍の逆境の中で成長している「ホテルロイヤル礁溪」のアウトドアキャンプ・抹茶山登山プランの立ち上げなど、台湾の最新トレンド・マーケティング成功事例をご紹介します。ぜひご覧ください。 


▋スポットライト:SNSの人気記事

台湾人のオンラインコミュニティで注目している話題をお届けします。ベクトル台湾現地スタッフが厳選した、SNSでエンゲージの高い記事をご紹介します。FacebookやInstagramなどSNSを活用していますが、台湾人が普段何に興味を持ち、どのような事をしているのかいまいちピンと来ない方必見です。

☞ 【祭日】クリスマス プレゼント交換

台湾人にとって近年のクリスマスには「プレゼント交換」イベントが盛んに行われており、一般的なプレゼント交換からテーマ別のプレゼント交換へと進化していることさえもあります。毎年クリスマスになると、社内では社員交流の一環としても、プレゼント交換のイベントを催したり、友人グループでプレゼント交換を行ったりすることが流行しています。

それに合わせ、eコマース企業が打ち出す関連プロモーションや、ブランド自身も消費者向けのインタラクティブなキャンペーンを多数展開します。クリスマス前後にはプレゼント交換関連の話題が盛り上がっています。

出典:Cherng Facebook


☞ 【ニュース】医療スタッフをサポート

ある方が個人のFacebook上で、自身の妻が桃園の医療人員のため、妻が長い時間マスクを着用した事によるマスク跡の写真をシェアしました。また同時に、台湾の医療人員を誇りに思うことも伝えました。この投稿にたくさん人が感銘を受け、多くニュースメディアでも当投稿を転載しています。「#医療スタッフをサポート」というHashtagもつけられました。

転載したメディアの1つである三立新聞は、その投稿の「いいね!」数は既に3万を超えており、全メディアの中でも最も多いエンゲージメント数を得ていました。今までコロナを抑えていた台湾でも感染拡大が見られるタイミングで、医療関係が必死にコロナ拡大を抑えている姿が大きく共感されました。

出典:三立新聞 Facebook


▋Google台湾の検索キーワードランキング

台湾で特に話題となった最重要キーワードを一挙にお届けします。台湾人からの興味関心を上手く引くことができない方必見です。今回は台湾における2021年1月のGoogle検索キーワードのランキングをご紹介します。


☞ ホットキーワード No.1「富王鴨肉」(2021年1月3日)

検索ボリューム:50萬+

台中の有名な鴨肉専門店である「富王鴨肉」は、大手デリパリープラットフォームの配送員へ悪口を言ったため、それを知った多くの人々が店舗スタッフの悪い対応をネット上で叩きました。お店も継続的にそれをカバーするような投稿を行ないましたが、その投稿内容には誠意が見えなかったため、お店のFacebookやGoogleで多くのネガティブコメントが付けられ、店舗のFacebookは一時的にクローズされました。

各国ともによくある事例ですが、SNSが発達している現在、些細な行動がWEB上に晒され拡散することがあります。また、台湾においては特に正義感ある行動が支持されやすく、それに反する行動は反感を買いやすいです。お店の対応やSNSでの発信などの教育が必要でしょう。


☞ ホットキーワード No.2「台湾学科能力試験」(2021年1月21日)

検索ボリューム:20萬+

大学入試である台湾学科能力試験(日本のセンター試験と同様)が1月22日~1月23日に行われ、試験前日の検索量は20万を超えました。試験後には各学者が本年度の数学の問題は分析が重要だったため、文系の学生にとっては少し難易度が高かっただろうと予測しました。

また本年度の作文テーマは「もし私に新しい冷蔵庫があったら」というもので、これに乗じた多くの台湾企業や組織、インフルエンサーがSNS上でハッシュタグを付けて投稿し、一時的にネット上で盛り上がりました。

出典:衛生福利部 Facebook

出典:雷丘律師就決定是你了 Facebook

☞ ホットキーワード No.3「モルカー」(2021年1月19日)

検索ボリューム:20萬+

台湾の有名な動画制作代理店が、1月より新たなコマ撮り動画「PUI PUIモルカー」(天竺鼠車車)を会社オフィシャルのYouTubeチャンネル上で定期更新を行ないました。癒されるトーンと無料で見ることができ、また親子で楽しめる動画のため現地の人の心を掴んでバズり、多くの人々が「この動画は大人でも好きになれる」「木のフェルトから作られたモルカーキャラクターは可愛い」と、数多くの大人からも癒やされたとのコメントが多く寄せられました。動画代理店は、「鬼滅の刃は子供向けかもしれませんが、このモルカーは実は大人向けの動画なんです」とコメントしました。

※地域により動画を鑑賞できない場合があります。

PUI PUIモルカー(PUI PUI 天竺鼠車車)


▋台湾での話題のプロモーション成功事例

台湾でのマーケティング成功事例をわかりやすくご紹介します。台湾で成功したいマーケティング担当者の方、ぜひご覧ください。

☞ 伝統企業がブランド価値を作る!「大亞電線電纜」のCM事例

台湾の伝統企業である「大亞電線電纜」のメイン産品は「XLPEケーブル線」というもので、そのメインクライアントは中華電信、台湾電力などの錚々たる企業です。しかしこの商品は一般の人々にとって理解が難しいものの、生活の中で必ずと言って良いほど、この企業の商品は使ったことがあるというモノでもあります。

そうした課題の中、「大亞電線電纜」は65周年を機に「安定の力」というテーマでCMを2つ制作しました。このCMの趣旨は、商品自体は一般的にあまり理解できないものですがCMでは連想する事を通じて消費者との関連性があることを発見出来る、と言うものです。

また、感情豊かなクリエイティブな広告に加え、CMをアップした後も閲覧数は100万を超えました。台湾では特に感情豊かなコミュニケーション手法が好まれる傾向にあり、この事例では、広告コンテンツは人の感情を動かすことができ、またコミュニケーションが難しい商品であってもブランド価値を創造できる事を再確認しました。

出典:大亞集團官方 YouTube


☞ 野外キャンピングカーと抹茶山がコロナ感染予防新スポット「ホテルロイヤル礁溪」

ホテル業界はコロナ流行の影響で最も大きな損失を被った業界の一つでありながら、台湾宜蘭県にある「ホテルロイヤル礁溪」は逆境の中で成長しています。そのカギを握るのは、流行の消費者心理を捉えたアウトドアキャンプや抹茶山登山などのプランの立ち上げです。

この2つのポイントで、コロナ流行期にはキャンプ場利用率が9割に達しただけでなく、連休には場所を探すのにも苦労するほどでありました。また登山プランは、週一回一つのグループが出発する程度の頻度から、毎日出発するほどに成長し、数百室分のプランが販売されました。

現在海外旅行の本格的な回復は2~3年後と予測されており、その間にいかに国内旅行者を誘致することがホテル経営の重要課題の一つとなっています。

出典:礁溪老爺酒店


ベクトル台湾は台湾におけるマーケティング活動をサポートいたします。各社ごとにカスタマイズされたマーケティングソリューションの提案、広告ソリューションの開発・運用、PRキャンペーンの企画・運用など、目的に合わせたベストなプランをご提案いたします

日本人スタッフも多く駐在しており、一貫して日本語でのコミュニケーションでご対応可能です。台湾の日系企業に特化したマーケティング専門家として、現地独自のノウハウや戦略でサポートいたします。台湾のPRやマーケティングでお悩みならぜひご相談ください。詳しい事例や案件のご相談は以下よりお気軽にお問合せください




おすすめの台湾PR・マーケティング関連記事:

【台湾最新トレンド】台湾でも「鬼滅の刃」ブーム!SNSマーケティング事例
【台湾最新トレンド】ペットKOLも参入!注目が集まるSNSマーケティング
【台湾最新トレンド】今最も流行しているSNS投稿「ジブリ大喜利大会」
【台湾最新トレンド】台湾人の価値観を上手く捉える!歳時記に合わせたマーケティング成功例
【台湾最新トレンド】フォロワー65万人超!大人気の80代のおしゃれ夫婦インフルエンサー「萬吉と秀娥」
【台湾最新トレンド】SNS流行語「愛のようだ」、インスタフィルターマーケティングとは?
【台湾最新トレンド】Google検索キーワードに日本発のスポットがランクイン!
台湾最新注目NEWS!消費者動向・現地企業の動向・経済&観光関連情報
【ベクトル海外駐在員コラム】台湾Vol.1:駐在日本人もビックリの台湾



アジア各地の注目ニュースやPR・マーケティング最新情報を無料のメールマガジンで毎週お届けいたしますので、ぜひご利用ください。



株式会社ベクトル 海外事業

ベクトルは中国大陸、香港、台湾、韓国、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア・シンガポール、ハワイに海外拠点を持つコミュニケーションカンパニーとして、「海外でモノを広めたい」企業様、自治体様のPR・マーケティング支援を行っています。

2020年最新の『PRWEEK』では「アジアパシフィックエリアでの総合PR会社 売上第1位」に認定され、圧倒的な存在感と実績を有しています。

日本で培った最先端のPR手法と、海外の「現地事情」やトレンドに合わせたPR施策や、進出前、進出時の市場調査、ブランディング、認知拡大/インバウンドプロモーション、販促プロモーション等様々なご要望にお応えしています。幅広いPRメニューに対応していますので、お気軽にお問い合わせください。


Log in with your credentials

Forgot your details?