fbpx

ベクトルタイは「タイでモノを広めたい」方のマーケティング支援を行っています。今回はタイならではの新たなトレンドを紹介します。

参照:Rainmaker

こんにちは、ベクトルタイのTommyです。

最近ポッドキャストをよく聞くという人はどのくらいいるでしょうか?

一時のブームが去ったようにも見られていたポッドキャストですが、世界的に再ブームが密かに来ているとか。タイでも、そんなポッドキャストがじわじわと人気を集めており、「ユーチューバー」に継いで「ポッドキャスター」と名乗る職業までも出てきます。

今回は、そのポッドキャストの新たなトレンドを詳しく見ていきましょう!


▋「ポッドキャスト」とは?

「ポッドキャスト」はもともとは「iPod」と「broadcast」の組み合わせでできた言葉で、音声や動画などのデータをネットに公開するメディアの一つです。ユーザーは専用アプリを使って、自分が興味を持つチャンネルやエピソードを見つけて、無料で視聴することができます。

参照:Rainmaker

スマホはもちろん、PCにもポッドキャストアプリもあります。例えば、iPhoneなら「Podcast」というアプリがプリインストールされており、Androidでは「Google Podcast」というアプリから視聴できます。SpotifyやApple Musicなどの音楽ストリーミングサービスのアプリにもポッドキャスト再生機能が入っています。


▋なぜタイで人気が高まっているの?

今の時代、メディアの中では言うまでもなくSNSが一番人気となっていますが、そんな状況の中でもポッドキャストが徐々に注目を集めはじめている理由は、以下が考えられます。

☞理由①:音声コンテンツのニーズ

ポッドキャストの中には動画の番組もありますが、タイのポッドキャストのほとんどが音声で配信されています。移動しながらや、何か作業をしながらでも、音声で視聴できることが、一定層の支持を集めています。また、画面をずっと見て目が疲れやすい時、ポッドキャストなら目も疲れずにコンテンツを楽しめるのも利点の一つです。


☞理由②:ストリーミングサービスの普及

なぜ最近になってタイで流行り始めたかと言えば、2019年からSpotifyでもポッドキャストが聞けるようになったことも大きな一因でしょう。Spotifyは2017年にタイに進出し、着々とユーザー数を伸ばしています。タイではiPhoneよりAndroidユーザーの比率が高く、Androidはポッドキャスト専用アプリはプリインストールされていなかったため、一部の層にしか利用されていませんでしたが、Spotifyのようなメジャーサービスの普及により、よりアクセスしやすくなっています。音楽を聞き飽きた時にポッドキャストを挟んで聞くことも現在のユーザーのライフスタイルになっています。


☞理由③:無料で自分の好きなコンテンツを楽しめる

SNSで友達や企業がシェアしたコンテンツを楽しみたい時もあれば、自分が興味を持つコンテンツだけを楽しみたい時もあるでしょう。そんな場合にポッドキャストが便利となってきます。しかも無料でそういったコンテンツを楽しめるのもポッドキャストのメリットのひとつです。


☞理由④:番組制作のハードルが低さから、クリエイターもますます増加

YouTuberももちろんタイでも人気ですが、動画より音声番組を制作するほうがプロセスも費用もハードルが低いため、ますますクリエイターの数も増加しており、コンテンツの幅もどんどん広くなってきています。現在タイ語のポッドキャストの番組はニュース、ライフスタイル、政治、経済、英会話、自己啓発から怪談話まで幅広いコンテンツが配信されています。



▋タイ人はどんな番組を聞いているの?

参照:chartable

Appleのランキングによると、現在タイでポッドキャストの人気Top 10 ランキングは以下のようになっています。

順位 番組名内容
1位カム・ディ・ニー 英語の面白い言葉を紹介する番組
2位The Secret Sourceビジネスや有名人の成功の秘密を分析し、紹介する番組
3位Mission to the Moon有名な経営者・筆者であるラウィット氏が生活に役立つアドバイスを語る番組
4位Sondhi Talk有名な元雑誌編集長・政治活動家であるソンティ氏が話題のトピックスに対する意見を語る番組
5位Readeryオンライン書店Readeryが面白い本を紹介する番組
6位Investerest Podcast人気 Facebookページ「Investerest」が投資のアドバイスを紹介する番組
7位The Money Case & The Money Growth投資のアドバイスを紹介する番組
8位R U OK生活上の精神的なアドバイスを語る番組
9位6 Minute EnglishイギリスのBBC放送局が制作した英会話の番組
10位All Ears Englishアメリカの二人女性コンビが制作した英会話の番組

ランキングを見ると、英会話や投資、成功のコツなどの自己啓発をテーマにした番組が人気となっていることからも、ポッドキャストを聞くタイ人のペルソナが少しわかってきたでしょうか?役立つタイ語の番組も増えているので、10位のうち1位から8位までは、タイ語の番組となっています。


▋まとめ

タイ人のライフスタイルも変わり、SNSだけでなくポッドキャストのような新たなプラットフォームも注目を浴び始めています。まだまだ人気度はこれからの伸びに期待する段階ですが、他のすでにマスとなっているプラットフォームに比べると、視聴者のターゲット層がかなり固まっているため、そういった人たちをターゲットにする場合、価格が高騰する他のSNSやインフルエンサーと比べると、意外とROIが高いかもしれません!ぜひ参考にしてみてください!


執筆:Tommy/編集:Mari


Tommy | トミー

ベクトルタイのシニアマネージャー。広告代理店に長らく従事。日本への留学歴があり日本語が堪能。タイにおける日本関連の最新の話題に詳しい。最近はまっているものは、ガーデニング。育てている植物の成長を見るのが何よりの幸せ。


タイ人に向けて認知拡大、集客したいけどどうしたらいいの?とお悩みの方、無料相談はこちらのフォームまたはinfo-th@vectorinc.co.jpからお気軽にお問い合わせください

Tags:

Log in with your credentials

Forgot your details?