fbpx

ベクトルは、コミュニケーションカンパニーとして「海外でモノを広めたい」方のPR・マーケティング支援を行っています。今回は、ASEANの中でも成長著しいタイから役立つ情報を紹介します!

参照: https://www.facebook.com/thumbsupth/posts/3594596730564275


こんにちは、ベクトルタイのアイリンです。

7月に入り、タイでは新型コロナウイルスの国内感染者は5月下旬以降はほとんど増加しておらず、人々の活動も活発に戻ってきています。そんな今、タイ国内の人々の関心はどのように移り変わっているのでしょうか? 

今回は、Google トレンドの検索動向から、タイでの6月のトレンドを見てみたいと思います!

(2020年6月30日までの状況やデータをもとにしています。)


新型コロナウイルスに対する関心のピークは終焉傾向

6月のコロナウイルスに対する検索は、5月に比べ46%減少しました。4月にピークを迎えてから、感染者の減少に伴い検索数も減少し、 現在ではほとんど発生前と同等になっています。コロナウイルスに関連する唯一検索数が増加したのは「コロナウイルスの死亡者数」で、検索数が60%増加しました。

参照:https://techsauce.co/news/google-trends-june-2020


「新生活」時期の検索動向

では6月で、生活者の意識や興味はどのように変わったのでしょうか。

タイでもロックダウンの期間中は感染予防のため、イベント等の開催はもちろん、不要不急の外出が厳格に禁じられました。リモートワークが長らくつづいた影響で、家に閉じこもり退屈に感じる人の心情を表したかのように、「サッカー」や「ゲーム」といったコンテンツを探す傾向がより高まりました。そして家から出かけたいといったコンテンツを探す 「カフェ」の検索も非常に増えました。


人気キーワード1:サッカー

タイで一番人気のスポーツとも言えるのが「サッカー」です。

タイ国内のリーグはもちろん、海外リーグも中継されており、特にヨーロッパリーグが大人気。

新型コロナウイルスの影響で、2020年3月11日に試合が組まれていたマンチェスター・シティ対アーセナルの28回目のプレミアリーグの試合が、多数の選手とスタッフが感染確認者と接触していたことにより、延期されました。約3ヶ月間の中断期間を経て、いよいよ6月17日に再開が決まりました。そのため、6月は「プレミアリーグ」と言う検索キーワードが5月に比べ800%増加し、コロナ前の検索ボリュームに一気に回復しました。過去5年で見ても、非常にサッカー熱があがってきていることが分かります。

タイ国内のタイ・リーグも、今はまだオフシーズンのため試合は開催されていませんが、次のシーズン2020-21は9月から再開が予定されています。このまま無事再開されることを願うばかりです!



人気キーワード2:カフェ

タイの現代っ子の余暇の過ごし方で欠かせないのがおしゃれな「カフェ」です。

ロックダウン期間中に溜まった「外出欲」を反映するかのように、「カフェ」に関する検索数が6月は5月と比較し、2倍に急増しました。この伸びは、過去2004年から見ても、比較にならない検索量の増加となりました。

さらに6月の中での検索ボリューム推移を見ると、毎週末の山がくっきりと見える程、土日は皆カフェに殺到している様子・・・!


タイ国内で最もカフェで検索数が高い県は、映画「戦場にかける橋」でも有名な「カンチャナブリ」や、世界自然遺産のカオヤイ国立公園のある人気の高原避暑地「ナコンナヨック」、そして、タイ王室ゆかりのビーチリゾート・ホアヒンのある「ペッチャブリー」です。

その理由は、これらの県はバンコクから車で数時間の位置にあるため、週末旅行にちょうどよいことから、国内旅行で少しづつ足を伸ばし始めた時期に人気の外出先となっていることが分かります。また、これらのエリアには、緑で囲まれたカフェや、海が見えるカフェ、田んぼの中のカフェなどの、まさに今のトレンドをおさえた「自然を感じられる」、かつ「インスタ映えする」おしゃれなカフェがたくさんあります。

日本でいうと、東京から葉山や軽井沢でお出かけ、といった感じでしょうか。

海外旅行へはまだまだ行けいない状況の中、近隣の「カフェ」で自然に触れながらのんびりと友達との再開を楽しむ、といったトレンドはしばらく続くのではないでしょうか。

そんなブームの中でも、入店時の検温や、「タイチャナ」(QRコードでの入退店管理)、マスク着用、消毒液の設置などのニューノーマルはしっかりと継続しています。


まとめ


・新型コロナウイルスに対する関心のピーク検索動向は5月から46%減少しましたが「コロナウイルスの死亡者数」で検索キーワードはまだ注目されています。

・「新生活」時期の検索動向は、再開した「サッカー」と休日の「カフェ」が最も人気。

・6月でのサッカーに関する検索は「プレミアリーグ」と言う検索キーワードが5月より800%増加し、6月の5年間の間でも一番検索数が増加。

・カフェに関する検索は前月比で2倍に急増し、2004年から2020年までとは比較にならない検索量の増加となりました。



さて、今後タイでのトレンドはどのように移り変わっていくのでしょうか?

定期的に発信していきたいと思いますので、乞うご期待を!


Irin | アイリン

ベクトルタイのシニアコンサルタント。埼玉大学に留学経験があり、日本には全国各地何十回と訪れている。最近はまっているものは、アニメの進撃の巨人。目標は、猫のインスタグラマーになること。(@Dango.Bakaneko


タイ・東南アジアのPRやマーケティングでお悩みならぜひご相談ください。詳しい事例や案件のご相談は以下よりお気軽にお問合せください


参照:https://techsauce.co/news/google-trends-june-2020

Tags:

Log in with your credentials

Forgot your details?