fbpx

中国大陸、香港、韓国、台湾、マレーシア・シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ハワイに海外拠点を持つベクトルは、コミュニケーションカンパニーとして「海外でモノを広めたい」企業や自治体のPR・マーケティングサポートを行っています。海外に駐在するベクトルのPRコンサルタントによる現地の最新情報やレポート、コラムを定期的にお届けします。今回は中国よりコラムをご紹介します。

中国上海中心大厦の夜景
中国上海中心大厦の夜景

世界第 2 位の経済大国となった中国

膨大な人口が抱える消費パワーを背景に、世界第 2 位の経済大国となった中国。ベクトルは初の海外拠点として 2011 年に上海事業部をオープンしました。

現在の主要消費層である80、90 年代生まれは、他人と同じことを好まず、個性を主張する傾向にあり、消費観念は多元化しています。最近の企業の動きとして、コラボマーケティングが目立ちます。


中国の基本情報
・名称:中華人民共和国
・人口:14億人(世界第1位)
・面積:約960万平方キロメートル(日本の約26倍)
・文字:中国語(簡体字)
・共通語:北京語


中国人と日本人はここが違う!

・中国人は時間厳守の概念がない人が多く、話し声が比較的大きいです。

・中国人は鮮やかな色が好きです。

・中国人は日本人以上に食事を重要視しています。朝食をしっかり食べる人も多いです。もし中国人に食事に誘われたら、仲良くしたい証拠です!


IT大国×ロマンチック大国

進むデジタル化

中国では日本よりもスマホ1つで全て済ませる文化です。現金を持たないことは当たり前で、現金で払おうとすると「いや、現金は、、、」と断られることも。また、新型コロナウイルス関連の政府による健康管理上も全てオンラインで行われ、スマホがないと生活(移動)ができない状況です。

中国WeChatペイ(WeChat Pay/微信支付)キャッシュレス
WeChatペイ(WeChat Pay/微信支付)

女性が得しちゃうイベント盛りだくさん

バレンタインデー、ホワイトデー、520(「我爱你」という語呂合わせネット用語で、若者間の中国オリジナルバレンタイン)、七夕、クリスマスなどロマンチックなイベントが多く、ほとんど男性が女性にプレゼントや食事に連れて行く文化です。

更に上海では、掃除や料理も男性が率先してやるのが当たり前のようでとにかく女性に尽くす印象です。フリーの女性にとっては毎回のイベント寂しいそう、、、(だから独身の日に羽を伸ばして買い物をするのでしょうか?)


中国語の520は愛している(我爱你)という意味です

※この文字だけで「愛している」という意味になるそう。日本語の4649みたいなものですね。


最新中国ホットワード:Mojito

人気歌手ジェイ・チョウ(周杰倫 Jay Chou)が6月12日にリリースした「モヒート(Mojito)」という曲が大ヒット。キューバを舞台とした MV が、非常に美しい景観であると、 SNS で話題沸騰。当日、旅行サイト Mafengwo での検索ランキング 1 位ともなるほど、現在キューバ観光に注目が集まっています。


最近の中国トレンドPR事例:中国国際輸入博覧会

ベクトルチャイナはPanasonicブースの情報発信を実施しました。事前の PR 告知から当日の取材対応、事業戦略発表会運営、生中継等の他、オンライン発信を駆使し、来場者以外のターゲットにもPanasonic ブースの情報を届けました。現在、同社社長のWEIBO アカウントも運営中。

中国国際輸入博覧会:ベクトルチャイナはPanasonicブースの情報発信を実施。事前の PR 告知から当日の取材対応、事業戦略発表会運営、生中継等の他、オンライン発信を駆使し、来場者以外のターゲットにもPanasonic ブースの情報を届けました。現在、同社社長のWEIBO アカウントも運営中。

最近の中国トレンドPR事例:タオバオライブコマース

ベクトルチャイナは、中国最大EC プラットフォーム・タオバオでの、ライバーによるタオバオオンライン即売会を実施しました。現在最も有力とされるAustin をアサインし、製品理解促進や売上向上を実現しました。

タオバオライブコマース:ベクトルチャイナは、中国最大EC プラットフォーム・タオバオでの、ライバーによるタオバオオンライン即売会を実施。現在最も有力とされるAustin をアサインし、製品理解促進や売上向上を実現。

ベクトルチャイナ拠点・サービス特徴

ベクトルチャイナは中国の北京、上海、広州に拠点を持っております。幅広いPRメニューに対応しています。特にイベント×オンライン発信や今マーケティングには欠かせないライブコマースも実施可能です!


ベクトルチャイナ中国上海オフィス

上海オフィス

上海市の人口は2,428.14 万人 。商業・金融・工業・交通などの中心地。海沿いにあり、日本の気候に近い街。上海人は流行に敏感でありセンスに富んで いる。


ベクトルチャイナ拠点:中国北京オフィス

北京オフィス

北京市の人口は2,152 万人。中国の政治の中枢であり、上海と並ぶ経済・学術・文化の中心地である。内陸の乾燥した気候、空気が停滞する傾向も強く、 北京人は伝統を重んじ保守的な性格が多いようだ。


ベクトルチャイナ中国広州オフィス

広州オフィス

広州市の人口は1,530.59万人 。南国の気候で 1 年の 2/ 3 は夏。広州市から海外に進出した華僑が、アジアを中心とした全世界で活躍している。


【サービス事例】

・Event:発表会、プロモーションイベント、展示会
・Owned Media:WEBサイト、SNS(WEIBO、WeChat など)
・PR / WEB PR:リリース配信、媒体タイアップ、媒体誘致
・Technology:動画配信 VNEWS、リリースワイヤー配信
・WEB AD:リスティング、SEO、DSP
・Monitoring / Analysis:メディアモニタリング、SNS モニタリング、クライシス対応
・Casting:芸能人、有名人、KOL・KOC
・Creative:動画制作、KV デザイン



中国のPRやマーケティングでお悩みならぜひご相談ください。詳しい事例や案件のご相談は以下よりお気軽にお問合せください



おすすめ関連記事:

【中国・香港編】アフターコロナ・ウィズコロナにおける中華圏プロモーションセミナー動画
【ベクトル海外駐在員コラム】マレーシアVol.1:グルメ大国マレーシア
【ベクトル海外駐在員コラム】ベトナムVol.1:ベトナムってどんなところ?
【ベクトル海外駐在員コラム】台湾Vol.1:駐在日本人もビックリの台湾


お役に立つアジア各地の注目ニュースや海外最新PR・マーケティング事例、セミナー情報を無料のメールマガジンでお届けいたしますので、ぜひご利用ください。




株式会社ベクトル 海外事業
ベクトルは中国、香港、台湾、韓国、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア・シンガポール、ハワイに海外拠点を持つコミュニケーションカンパニーとして、「海外でモノを広めたい」企業様、自治体様のPR・マーケティング支援を行っています。
2020年最新の『PRWEEK』では「アジアパシフィックエリアでの総合PR会社 売上第1位」に認定され、圧倒的な存在感と実績を有しています。
日本で培った最先端のPR手法と、海外の「現地事情」やトレンドに合わせたPR施策や、進出前、進出時の市場調査、ブランディング、認知拡大/インバウンドプロモーション、販促プロモーション等様々なご要望にお応えしています。幅広いPRメニューに対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

Log in with your credentials

Forgot your details?