fbpx

株式会社ベクトル海外事業本部です。新型コロナウイルスの影響による海外各国の社会情勢の変化や市場環境の変化に関する最新情報・注目ニュースをピックアップし、定期的にお届けします。

今回は当社拠点がある東アジアエリア(中国・香港・台湾・韓国)の5月最新ニュースを配信します。現地駐在社員から、現地で感じた生の声もお届けします。現地語のメディアからも情報収集をしているため、一部PCの翻訳機能などをご活用ください。


中国の5月最新注目NEWS

☞ 注目ニュース記事

メーデー連休のホテル、外食、給油取引額は昨年以上(2020年5月8日)

中国銀聯は6日、今年のメーデー連休(5月1日-5月5日)の取引データを発表した。今年は約12年ぶりの長い連休で、5日間に、取引総額は1兆5700億元を突破し、1日あたりの平均は3100億元に達し、清明節連休(4月4日-4月6日)の平均に比べて7.7%増加、4月の週末の平均に比べて16%増加した。銀聯ネットワーク取引総件数は4月に比べて6.95%増加した。
メーデー連休には消費が上向き、各種消費データが徐々に回復上昇した。主要業界をみると、今年のメーデー連休には、航空、鉄道、道路の予約輸送及び給油など移動交通と関連する消費の件数が清明節連休に比べて1日当たり14%増加した。このうち鉄道の増加率が最大で50%を上回り、航空関連消費の件数は清明節連休を6%上回り、ガソリン関連消費は同7%上回った。

原文はこちら
https://bit.ly/3csNumx

☞ 他の話題ニュース記事

■ メーデー連休に「クラウド観光」が大人気
 原文はこちら
 https://bit.ly/2AfMUuf(2020年5月6日)
 https://bit.ly/2WJAOkA(2020年5月11日)

■ コロナで健康意識が向上、8割の人が朝食を重視するように(2020年5月7日)
 原文はこちら https://bit.ly/365N2Zr

■ オンライン開催「広州交易会」
 原文はこちら
 https://bit.ly/2YUzYV7(2020年5月9日)
 https://bit.ly/3cvEb5m(2020年4月16日)

■ 映画館など全面再開を許可(2020年5月8日)
 原文はこちら https://bit.ly/2WRynwv


★ベクトル中国現地駐在社員コメント★
・様々なレジャー施設が次々と再開している。マスク着用を求める場所や体温測定は引き続き実施している場所が多く、消費者側も人の密集地を避ける方が割合多いように感じる。経済の回復は感じられるが、警戒心は変わらず強いイメージ。

・旅行業は、目先の利用ではなく将来の利用価値を商品として売り始める企業が出てきており、消費者間では今が一番安く買い時であるという認識が高まり、需要が高くなっている。収束後の国内旅行回復のスピードがこれにより速まる可能性が考えられる。


香港の5月最新注目NEWS

☞ 注目ニュース記事

COVID-19による密集禁止令が緩和に、週末のビジネス状況が好転。飲食業連盟:キャッシュフローの危機がいまだ未解決(2020年5月11日)

8日午前零時から、飲食店で1つのテーブルに4人までの規則が8人までに緩和された。その影響で母の日の週末に飲食店売上は回復傾向の兆しがみられている。ただし、多くの店のキャシューフロー問題はいまだ未解決である。
そのためこの回復は一時的な現象という心配があり、対策として飲食店割引券キャンペーンの展開を始めた。現在参加している店舗はおよそ200店で、600香港ドル相当分の割引券を500香港ドルで購入可能など3種のキャンペーンを実施している。

原文はこちら
https://bit.ly/3crZzJ1

☞ 他の話題ニュース記事

■ 香港で有名なアーティストアーロン・クォクさんがオンラインチャリティーコンサートを開催。ダンサー・映画界ために募金活動を実施(2020年5月4日)
 原文はこちら https://bit.ly/3dKfgvj

■ コロナウイルス期間のインスタントラーメン売上大増 日清食品中国香港売上が一割増 株価は8%の下値(2020年5月11日)
 原文はこちら https://bit.ly/3dIqbp0

■ 香港IT関係職が急増。デジタル・ゲームデザイン系IT人材 の需要UP(2020年5月12日)
 原文はこちら https://bit.ly/2SXnyrO

■ 4,000以上の企業はコロナウイルス期間中に従業員を解雇しないことを約束(2020年5月12日)
 原文はこちら https://bit.ly/2yTM0Dn


★ベクトル香港現地駐在社員コメント★
・ 多くの企業が通常勤務に戻り、街に人が戻りつつあるがマスク着用などは個人で徹底している。

・ 連続23日間のゼロ感染となり、”集まり”の禁止令などを緩和。

・バー営業は8日からであるもの、人々は密になるような場所は避けている印象。

・母の日にデモがあり、香港警察による暴力逮捕で公衆が不満をあらわにしている。

・香港内のリゾートエリア、Sai Kungなどには週末になると人が大挙して押し寄せ、バーベキューやビーチでリラックスする休暇が香港内で流行の兆し。長い間海外渡航ができないなかどうやって週末を過ごすか香港人は模索中である。

・5月8日に規制緩和後の初の週末となり、市内繁華街で街頭プロモーションが再開されていた。


台湾の5月最新注目NEWS

☞ 注目ニュース記事

飲食業は3月では最悪の業績 Eコマース、スーパーは売上を拡大(2020年4月24日)

新型コロナウイルス流行に伴う飲食業に与える影響は予想以上である。経済部統計部門によると、3月の飲食業が新型コロナウイルスの流行によって受けた損失は153億元に及んだ。ケータリング業界、免税店、百貨店などは大きな損失を出し続けている。

原文はこちら
https://bit.ly/2YZbvOg

☞ 他の話題ニュース記事

■ 新型コロナウイルスの影響を受け、台湾の携帯電話市場が急激な落ち込み 3月の出荷量15%以上減少、4月にも断続的な落ち込みを予想(2020年4月20日)
 原文はこちら https://bit.ly/2T2co4O

■ アフターコロナ時代がもたらす10大変化 輸出主導型経済の台湾にとって大きな挑戦となるだろう(2020年4月23日)
 原文はこちら https://bit.ly/3ctXg8f

■ コロナ渦中での変化!星付きレストランが冷凍の料理を販売、冷凍食品が「お持ち帰りに」変貌(2020年4月25日)
 原文はこちら https://bit.ly/3cvEsFq

■ デリバリーサービスの新たな選択肢!Instagramは新たにデリバリーサービスを打ち出し、台湾ではすでにテスト中(2020年5月3日)
 原文はこちら https://bit.ly/2Aorj2Z


★ベクトル台湾現地駐在社員コメント★
・新型コロナウイルスの影響を受け、中小企業だけでなく、有名な五つ星ホテルでさえ閉業を発表。流行が抑えられてるとはいえ、経済の低迷は避けられない。

・連日の感染者数ゼロの発表は、台湾人に大きな安心感を与えた。おかげで、比較的気軽に外出できるようになったが、マスクの着用、消毒、手洗いは欠かさず、政府も「気を抜かないように」と促している。

・以前仕事でのコラボレーション経験がある飲食業者によると、コロナウイルスの影響を最も受けているのは飲食業界で、特に面白い現象として、感染者数ゼロの翌日は業績が良くなるそう。ここから、台湾政府の対応や判断に国民が大きな信頼を寄せていることがわかる。


韓国の5月最新注目NEWS

☞ 注目ニュース記事

Kカルチャーの新たな試み、オンライン専用有料コンサートに7万5000人が同時アクセス(2020年5月11日)

NAVERのVライブを通じて放送された 「NCT DREAM」 は、世界で初めてデジタル環境に合わせて製作されたオンライン専用有料コンサート。3万3,000ウォン(約2,885円)決済すれば、世界中どこででも公演を楽しめる。新型コロナ危機でも進化するKカルチャーの発展に注目である。

原文はこちら
https://bit.ly/35TVcnr

☞ 他の話題ニュース記事

■ コロナで家飲み増、家庭用の酒類販売が好調(2020年4月21日)
 原文はこちら https://bit.ly/2zBn0B6

■ 「ネットで楽しむ済州旅行」 旅行代理店の旅行博士がオンラインで楽しめる旅行企画展をオープン(2020年4月28日)
 原文はこちら https://bit.ly/35UP1iO

■ 好みに合わせて選択する 「モディシューマー」 に合わせた、カスタマイジングメニューが飲食店から続々登場(2020年5月8日)
 原文はこちら https://bit.ly/360QlRp

■ ソウル市内クラブでの集団感染により、小中高の登校開始 「一週間の再延期」を決定(2020年5月11日)
 原文はこちら https://bit.ly/2SZIJtb


★ベクトル香港現地駐在社員コメント★
・ 現在ほとんどの企業が通常勤務に戻り、町中や駅などは人が多いがマスク着用などは徹底している。

・ ソウル市内のクラブ集団感染により人が集まるような場所は避けようとする人が多くなった。



次回は当社拠点がある東南アジアエリア(タイ・ベトナム・マレーシア・シンガポール・インドネシア)の最新ニュースをお届けします。引き続きお楽しみください

また、アジア各地の注目ニュースやPR・マーケティング最新情報を無料のメールマガジンでお届けいたしますので、ぜひご利用ください。

メールマガジン配信の登録はこちら
https://vectorgroup-international.com/mailmagazine


海外マーケティング担当者様必見!
アジア地域における新型コロナウイルス関連レポート】

新型コロナウイルスに関して、現地での消費動向の変化やマーケティング情報、メディア論調の変化、また今後に向けた分析やコンサルティングのレポートを開始いたします。PR会社ならではの視点や分析で、企業のマーケティングや今後の施策についてお手伝いをしたいと考えおりますので、お気軽にお問合せください


株式会社ベクトル 海外事業
ベクトルは中国、香港、台湾、韓国、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア・シンガポール、ハワイに海外拠点を持つコミュニケーションカンパニーとして、「海外でモノを広めたい」企業様、自治体様のPR・マーケティング支援を行っています。
2020年最新の『PRWEEK』では「アジアパシフィックエリアでの総合PR会社 売上第1位」に認定され、圧倒的な存在感と実績を有しています。
日本で培った最先端のPR手法と、海外の「現地事情」やトレンドに合わせたPR施策や、進出前、進出時の市場調査、ブランディング、認知拡大/インバウンドプロモーション、販促プロモーション等様々なご要望にお応えしています。幅広いPRメニューに対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

Log in with your credentials

Forgot your details?